アッシュ 木工材料

アッシュを使った木工家具はこれからも増えていく

最近、使われることが多くなってきた材料、アッシュ。
一言で特徴を言えば、ねばりのある材料。
細くても簡単には折れない、という意味で、ねばりの良さは完全に木工材料として長所です。そこそこ加工性も良くて、最近、とみに家具材として使われています。
もう一言特徴を述べさせてもらえば、木材市場に、一定の質で一定の量出回っているので、新商品を作るときに、将来を見通しやすくて、アッシュはとても選びやすいのです。比較的安いということももちろん影響しています。

木工界でアッシュと言えば、ホワイトアッシュのことを指していると思っていいでしょう。これは、タモやトリネコと同じ仲間で、何度も言うようですが、非常に粘りのある材料です。
反面、欠点をあげれば、反りやすい。つまり、木工製品として完成したあとも、材料が動きやすいのです。その欠点があっても、材質の粘りによって、割れたりすることは比較的少なく、そういう点からも、アッシュは、製作者からすると使いやすい材料です。

現在は、ナラやウォールナットと比べると廉価版の家具に使われているという印象がありますが、コストパフォーマンスから言えば、アッシュは抜群です。需要は今後大きくなる一方だと思います。アッシュ材の家具は今が買い時かもしれません。