ダボを使うならプライヤーがおすすめ

ペンチよりも、プライヤーの方がダボを抜きやすい

木工作業でダボを使うとき、一度は実際にダボを木材に差し込み、仮組みをして精度を確かめることになります。
その後、ばらすわけですが、ダボ穴に対してダボがきついことが多く、手では抜けないことがあります。

そんな時、Bonburuの先輩たちはプライヤーを使います。ウォーターポンプ型のプライヤーです。
ウォーターポンプ型のプライヤーはペンチに似ていますが、その口が、少し斜めに開きます。この角度が絶妙で、手首に負担がかかることなく、ダボを抜くことができるのです。

他にも、大きめの丸棒やパイプをつかむことができるなど、何かと重宝する道具なので木工をやっているかたにはおすすめです。