木工のコツ その3

オリジナル木工製品を作る

木工のコツを、副工場長にも聞いてみました。

もし、椅子とかソファで、複雑な構造のものを作りたいんだったら、3DCGとか3DCADの勉強をするといいよ。何を描いても、図面や椅子の構造を理解する力がつく。木工が上手くなる。

とのことです。
岩田さんはshadeが使える人で、ちょっとした椅子やソファを立体図で描けちゃうのがうらやましいです。shade挫折組のぼくは、shadeと聞くだけで、落ち込みます。いつかCGが描けるようになりたいと思っています。

一番の木工のコツは、自分で作りたいものを常に考えること。
デザインができて、それを形にしたいと思えば、自然とCADも覚えるし、加工も覚えるし、仕上げも、塗装も、張りも自分のこととして考えられる。強度とか、使いやすさとか、掃除や手入れのしやすさとか、木工のいろんな側面が学べる。

そう副工場長は言っていますが、はっきり言って、作りたいものって難しいんですよね。作りたい気持ちは確実にあるのに、どんなもの作りたいのって聞かれるとすごく困ります。ふわっとしたもの、もやのかかったイメージみたいなのはあるんだけれど、作りたいものは何なのか示せと言われると言葉に詰まってしまいます。

だから実際に作るんだよ。作ってみれば、自分が本当に作りたいものが少しわかる。作ったものが、次に作りたいものを呼ぶんだ。デザインはもっと木工が上手くなってからとか言ってないで、小さなものからでも、自分で考えて作ってみなよ。木工はオリジナルを作ってなんぼだから。

そう言って副長はクールに去っていきました。